建築工房 富澤

ブログ

新調

  カテゴリー:日記  タグ:


先日、現場用にラジオを新調しました。

今までのものはリサイクルショップや粗大ゴミ置き場から拾ってきたものばかり(ラジオしか聴かぬのならそれで十分)だったのですが、この夏「クロスオーバーイレブン」をPC録音してからというもの、深夜番組のエアチェック(死語?)にはまってしまい、最近のデジタルメディアを再生できるような機種が欲しくなってしまったからなのです。

調べてみるとUSBメモリやSDカードに対応した機種でも1万円前後。
今から30年以上前、小遣いを必死に貯めて当時5万円近くしたラジカセを購入したことを思うと隔世の感があります。

実際の音を聴いてみると、やはりスピーカーの性能からかチャラチャラした音であることは否めませんが、現場で仕事の傍ら聴くのであれば必要にして十分です。

そんな折、早速、持ち込もうとそそくさと準備をしていた私を横目でみていた家人が「うちのステレオもう壊れてしまってから随分よね」の一言。
ラジオもCDの再生も居間にあるPCで賄っていますので、特に支障はないはずなのですが、やはりラジオなどは電源を入れればすぐ聴けるシンプルなものの方が手軽で便利なのはわかります。

だったら現場のホコリだらけのラジオをここに持ち込めばことは済むのでしょうが、果たしてそんな横暴が許されるのか・・・。
微妙なパワーバランスの駆け引きが始まります。

ところでこの機器一体何と呼んだらいいのでしょうか。
「CDラジカセ」とは言えませんし「CDラジオレコーダー」あたりが無難なのでしょうが、聞いたこともない。
ご存知の方いらしたらお教え願えますでしょうか。

これまでのコメント

  • 伊那の大工(管理人) より:

    Unknown
    デジタルにとって代わられてしまう様なモノの価値は急降下なのでしょうね。

    だからこそ、私はそうならぬよう敢えてアナログに徹します。目指すは周回遅れのトップランナーです!

  • 2馬力の釣り師 より:

    Unknown
    家電はホント、安くなりました。
    ローンを組んで買ったオーディオやパソコンの値段は何だったんだぁ!!?? 
    デジカメに至っては、もはや詐欺みたいな値段になってしまいました。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

新調 大工を生業として25年。趣味の長距離走、渓流魚との戯れなど日々の思いを綴ってみます。

Copyright©建築工房 富澤,2015 All Rights Reserved.