建築工房 富澤

ブログ

だましだまし・・・

  カテゴリー:その他, ブログ, 長距離走  タグ:

20代後半から続けてきたランニング生活(30年余り)ですが、ここのところヒザの具合が芳しくなく、試行錯誤の日々が続いています。
本来でしたら整形外科を受診して、医学的な知見からのアドバイスを受けるべきなのでしょうが、いざ行くとなると半日から1日つぶれてしまうことになり、いまだ実行に至っておりません。
ですのでここに記載することは素人の主観的なものですのであくまでも参考までにとしていただければと思います。

で症状。
以前からヒザと周辺部位を結ぶ靭帯などの炎症とみられる痛みがでることはあったのですが、今回はヒザのお皿(膝蓋骨)の内部周辺から発生している痛み。
長年のランニング生活によってそれを支えている軟骨がすり減ってしまっている可能性は否定できません。
一日生活していると夕方には歩くのもままならぬ状況になってしまったため、さすがにこの状態でランニングを続けるのは無理と判断し、しばらくトレーニングはヒザに負担をかけぬ「屋内バイクトレ」に切り替えていました。
数日間そんなトレーニングを続けたところ、痛みが和らいできたので、恐るおそるジョギングを再開。
なんとか走ることはできたものの、下り坂などではやはり痛みが再発。
そこでできるだけ負担が軽そうな、フラットなグランド(信大農学部グランド)でのジョグに切り替えてみました。
多少の路面の凹凸はあるものの、刈り込まれた草地ですので体への負担は最小限に抑えられそうな環境。
そして、1周約450mの単調な周回コースながら、それをクルクル回っているうちに、着地時の力の掛け方、方向などによって痛みの質が変わってくることに気付き、痛みの出ない着地方法を見つけ出すことができたのです。
これは「変化に乏しく、時間が経つのが遅い」単調周回コースゆえ発見できたともいえ、いましばらくはこちらのコースで体との対話を続けながらランニングを続けようと思っています。
医学的見地からの見立ても必要ですね。
どこかで時間を工面して受診し、また報告させていただきます。

勤続疲労な脚・・・

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

だましだまし・・・ 大工を生業として25年。趣味の長距離走、渓流魚との戯れなど日々の思いを綴ってみます。

Copyright©建築工房 富澤,2021 All Rights Reserved.