建築工房 富澤

ブログ

粘りが信条

  カテゴリー:長距離走  タグ:


学生時代、山登りをしており、そのトレーニングの一環としてジョギングを始めました。
しばらくは、ただ走っているだけでしたが、29歳のころ、初めて市民マラソンに出場し、スタート前の緊張感、そしてレース後の何ともいえぬ解放感にしびれ、やみつきになってしましました。

タイムの方は、40歳頃をピークに伸び悩んでおります(フルで2:44:56がベスト)が、ラン仲間には50代で2:30台、60歳を越えてもサブスリーという、化け物(失礼!)もおりますので、まだまだ老けこんではいられません。

レース同様、粘っていれば、結果は後から付いてくるを信じて、日々精進あるのみですね。

練習のマンネリ化を打破すべく、新たな刺激を求めたいところですが、やりたいことが山ほどあり、どこにウエイトをおいてペース配分をするかが、マラソン同様永遠の課題です。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

粘りが信条 大工を生業として25年。趣味の長距離走、渓流魚との戯れなど日々の思いを綴ってみます。

Copyright©建築工房 富澤,2009 All Rights Reserved.