建築工房 富澤

ブログ

世代交代

  カテゴリー:長距離走  タグ:


昨日は地元公民館主催のマラソン大会。

6kmと距離は短いものの、地区の小中学生も多数参加するため、なかなか賑やかな大会になります。
実は、こちらの大会にはここ20年近く連続して出場させてもらっているのですが、まだ中学生には負けたことがないというのが、ひそかな自慢ではあったのです。

今回もスタート前に見渡したところでは、まあなんとかなるかとタカをくくっていたのですが・・・、
走り始めて1kmほどで先頭集団は7人ほどに絞られたものの、一緒にいる中学生のペースは一向に落ちる気配がない。
それどころか、こちらの心肺は悲鳴をあげ始め、彼らのスピードにはついていけずズルズルと後退。
以降、粘ってはみたものの追いつくことはかなわず、結局、総合7位でのゴールとなってしまいました。
タイムを見ても仮に昨年と同じタイムで走れていたとしても優勝は厳しく、年々伸びていく若者の力と、右肩下がりで落ちていく自分の力の現実を痛感させられた結果となりました。

歳なんだから仕方ないと諦めつつも、同世代でまだまだ頑張っているランナーの存在を新聞などで見つけると、まだまだ練習の仕方、気持ちの持ち方で何とかなるのではないかと思う自分がそこにいます。

そう中年オヤジの取り柄は、経験と粘り。
まだまだ若いものには負けぬという気持ちだけはもって、日々励むのみです。

                  

これまでのコメント

  • 伊那の大工(管理人) より:

    Unknown
    いやいやそれはそれで大変なんですよ。
    バテテきても笑顔を絶やすわけにはいかず、終始声援に応えねばならぬ。
    まだまだその域には達しておりません。

  • 2馬力の釣り師 より:

    Unknown
    もうマジな路線では無理なんだから、マゲを付けて扇を持って「人生50年」と、謡いながら走ってはいかがでしょうか。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

世代交代 大工を生業として25年。趣味の長距離走、渓流魚との戯れなど日々の思いを綴ってみます。

Copyright©建築工房 富澤,2013 All Rights Reserved.