建築工房 富澤

ブログ

久し振りの・・・

  カテゴリー:長距離走  タグ:


約2ヶ月ぶりにレースに出場してきました。

「信州いなクロスカントリーレース」10kmの部です。
去年はプレ大会として開催されたので今回が記念すべき第1回目。
前回は出場選手が少なかったこともあって3位入賞を果たせましたのであわよくば今年も・・・と臨んだレースでしたが、やはりそんなに甘くはありませんでした。

スタート直後から若手選手が飛ばす中、無謀にもその集団のドン尻につき順位は8位。
徐々に離されていくも2周回目の5kmまではなんとかその位置をキープ。
しかし前半のオーバーペースがたたり3周回目で1人にかわされ、ラストの4周回目で3人に抜かれ結局13位でゴール(タイムは42:27)。
自らの現状を見つめることなく突っ込み、最後は撃沈という大人げないレースとなってしまいました。

反省すべき点は多々ありますが、10kmという短い距離でしたので試せた冒険と前向きに捉え今日は良しとします。
今晩は旨いビールが飲めそうです(これだから進歩がないんだよなあ・・・)。

これまでのコメント

  • 伊那の大工 より:

    Unknown
    それができれば苦労しないんですがねえ。
    特に短い距離の場合、走り初めは錯覚を起こしやすく、気づいたときは後の祭り・・・。その繰り返しです。
    いい加減成長しろよと自問したくもなりますが、スタート地点に立つと頭が真っ白になってしまい騎手の乗らぬ馬のごとく飛び出してしまうのです。
    若い頃はそんなレースでも最後までもってしまったことがあったためそれが忘れられず引きずっているんでしょうね。
    私に「進歩」という文字は縁が無いようです。

  • 2馬力の釣り師 より:

    Unknown
    レースで勝つために、騎手は前に出ようとする馬を抑えながら良い位置に着くように計算して走り、ここぞという場面で一気に勝負に出るそうです。
    いいかげん、いつまでも心はやる馬じゃなくて、老練な騎手になれよ。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

久し振りの・・・ 大工を生業として25年。趣味の長距離走、渓流魚との戯れなど日々の思いを綴ってみます。

Copyright©建築工房 富澤,2014 All Rights Reserved.