建築工房 富澤

ブログ

長野マラソン

  カテゴリー:長距離走  タグ:


九州各地では甚大な災害に見舞われ多くの方が亡くなり、また避難生活を余儀なくされているとのこと。
まずはお見舞い申し上げます。

そんな中での長野マラソンでしたので、走れる環境下にいられることは幸せなことなのだと、あらためて考えさせられました。

そのレース。
昨年の故障による失敗もあり、今年は直前1ヶ月の練習量をセーブし、1週間に一度のポイント練習のみで臨んでみましたが・・・。

結果は3:05:18
なんとも複雑な結果に終わってしまいました。

前半20kmまでは4:00~15/kmのサブ3ペースを維持しレースを進められたものの、後半25km付近から苦しくなり始めペースは4:25~35/kmまでダウン。
特に25km付近でサブ3ペースメーカーを囲んだ集団に飲み込まれた際、自分のペースを見失って無理をしたのが今思えば失速の原因でした。

ただ、その集団から離れてからは、落ち込みを最低限に抑えようと4:30/kmの維持と、心拍数の170~175キープができ、昨年のような大失速を招かなかったことだけは収穫だったでしょうか。

それにしても、今回のような練習では長い距離のスピード維持は難しいということははっきりしました。
加齢による落ち込みをいかにして抑え、どう粘っていくか、また1年間、試行錯誤を続けます。

これまでのコメント

  • 伊那の大工 より:

    Unknown
    おおうち様

    確かに雨や風は強かったですね。
    しかしサブ3が達成できなかったのは、それが理由ではなく、単に走力不足だったことだけは自覚しています。

    限られた練習環境の中、どのように調整していくのか、課題は山積みですが、人生の中の一スパイス、そう気楽に考えこれからも挑み続けるつもりです。

  • 伊那の大工 より:

    Unknown
    S倉様

    ありがとうございます。
    でも多分、ほぼ走力はおなじ、いやS倉さんの方が上だと思いますよ。
    どんどん先へ行ってください。私も負けずに追いかけます。
    次は西箕輪高原マラソンですかね。
    中学生に負けぬようお互い頑張りましょう。

  • おおうち より:

    お疲れ様
    長野マラソン、おつかれさまでした。

    あの強風や雨のなかで、サブスリーにせまる走りはさすがですね。
    こちらは「絶対歩かない」だけを守りきるのが精いっぱいでした。
    レベルは全然違いますが(笑)、お互い頑張りましょう!

  • S より:

    背中追わせて下さい
    長野マラソンお疲れさまでした。サブ3まであと少しのタイムでの完走、さすがです。ブログを見させて頂き私も頑張る力を頂いています。
    松本ランフェスでは背中を追わせて頂きスタートし、勉強させて頂きましたSです。着いては行けませんでしたが。。。
    また背中を追わせて下さい。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

長野マラソン 大工を生業として25年。趣味の長距離走、渓流魚との戯れなど日々の思いを綴ってみます。

Copyright©建築工房 富澤,2016 All Rights Reserved.