建築工房 富澤

ブログ

目にはつかなくなってしまうとこだけど・・・

  カテゴリー:ブログ, 仕事, 岡谷市K邸  タグ:

 

現在進行形の岡谷市の現場。
外部工事はほぼ終了し、内部造作作業に入っています。
まずは内部の床張りから。
床には床板だけではなく各部屋や種類の違う床を見切るための「敷居」や「框」といった部材が入ってきます。


こちらはストーブ用の土間と床を仕切るための「框」。
表に見えてくるのは、45度で接する(建築用語では「留め」といいます)1面だけなのですが、実は下の写真のように、少しでも後から狂ってしまう要素を減らす工夫(「メチ」をたてるといいます)があるのです。
こんな地味な作業の連続で仕事は進んでいきます。

 

 

 

 

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

目にはつかなくなってしまうとこだけど・・・ 大工を生業として25年。趣味の長距離走、渓流魚との戯れなど日々の思いを綴ってみます。

Copyright©建築工房 富澤,2021 All Rights Reserved.