木に刻まれた歴史

  

木を製材して削ってみると丸太の状態ではわからなかった様々なものが出てくることがあります。

今日削った板材から出てきたのはコレ。

そう散弾銃の鉛玉です。

削る前から妙な変色が見られましたので、もしかしたら・・・と思ってはいましたが、不安は的中してしまいました。

せっかくの材ですがこれでは目に付くとこに使うわけにはいきません、下地材へと格下げです(泣)。

考えてみれば木にまったく責任はなく、彼らは自らの体に打ち込まれた散弾を抱え込み、表面上は何事もなかったかのように成長してきたわけです。

それをたまたま削り当ててしまったのがこの私。

ならば彼らの生命力に感謝して、大切に使う義務があります。

下地材とはいえども、屋根の一番目立つ破風板に使うことにしましょう。

多分これでこの家の寿命と同じだけ第二の樹生(?)をおくることができることでしょう。

そんなそれぞれに歴史を持つ素材を扱っていると思うと、あらためて大工という仕事に大きな責任を感じます。

 

 

 

 

 

 

 -ブログ, 仕事, 南流山の家

  関連記事

年末は・・・セルフビルドのお手伝い

  今年の年末はセルフビルドで家を建てている伊那市新山在住のSさん建前 …

この時期は野山の変化が劇的です

現場の方は外部の大工工事がおわり、内部も床の下張りも完了、これからは鴨居敷居、内 …

もう少しで・・・

  8月に建前をした現場がいよいよ大詰めになってきました。 今回の現場 …

写真撮影

  ようやく引渡し前の写真撮影。 お見合い?結婚記念?なみにちょっと気合を入れ、 …

とうとう

  昨日の冷たい雨は、山では雪。 季節は着実に進んでいて、同時にそれは「寒くなる …

仕事は佳境

  千葉・南流山の工事が進んでいます。 墨付け・刻みの方は現在3~4割 …

高気密をあなどると・・・

先日お引渡した現場。 実は当初のプランにはなかった薪ストーブが途中から設計変更で …

秋は

    街角にはキンモクセイの香り。 空は雲の劇場。 いよい …

先人よりバトンを引継ぐ

築50年を経た建物ながら、施工した大工さんの丁寧な仕事ぶりが目につきます。 継手 …

泣いても笑ってもあと7日

  長野マラソンが来週に迫ってきました。 この時期にいつも思うことは、 …

PAGE TOP