建築工房 富澤

ブログ

小旅行

  カテゴリー:日記  タグ:


14年、18万キロ乗ってきた乗用車に、そこいらじゅうにガタが出始め、修理を依頼している車屋さんもさすがにそろそろ次を考えてもいいんじゃないというアドバイス。

取り立ててこれに乗りたいという車もなかったのですが、「4WD」「車中で足を伸ばして寝られる」こと、そしてなにより「安い」ことを条件に、ネットなどを使って検索したところ、神奈川にある販売店の中古車がヒットしました。

とにかく実車を確認し、条件にかなえばそのまま乗って引き取ってくるということで、急遽そちらまでの小旅行と相成った訳です。

場所は箱根の麓、南足柄市。
伊那からですと、高速バスで新宿に出てから小田急で小田原へ。そして伊豆箱根鉄道大雄山線に乗り換えて・・・と車だったら2時間余りのところ半日以上かけて旅でした。

まったく予備知識のなかった大雄山線。
電化はされていますが単線で、車窓から見えるのどかな景色。
振り返ればこんな風に自分でハンドルを握らない旅など久しぶりのことでした。

できることなら、何の目的ももたず、フラーっとした昔の様な旅もしてみたいと憧れることもあるのですが・・・なかなかそんな事はできなくなってしまった貧乏性が悲しくもあります。

これまでのコメント

  • 伊那の大工(管理人) より:

    あと少し
    青年K君。
    残りあと1週間。
    ラストスパートでしょうか。
    疲れもピークでしょう。
    安全第一で!

  • 青年K より:

    Unknown
    こちらも暑い中頑張っています。草の伸び、心配です。帰ったらしっかり刈ります!信州が恋しくなってきました。

  • 伊那の大工(管理人) より:

    そのとおり
    風琴屋さん。

    まったくもってそのとおり。
    4月の時点では、乗用車はまだもう少し乗れるかと甘い見通しをたてていたことが、そもそもの間違いでした。

    タダでもらえる車(サクシード)があったのだから、とりあえずキープしておく手もあったのでしょうが、中途半端な「断捨離」を心に決めていた私はその誘惑を切り捨て、君にそれを譲ったのでした。

    こんなことがあると、安易にモノを捨てることを敬遠することになり、また貯め込みの性癖が復活することになるのでしょうね。

    ちなみに手に入れた中古車もT社のカロー○ フィールダー。
    ほとんどサクシードと車格も変わらないところが実に悲しいところです。

    まあ世の中の経済活動に微力ながら寄与したと、今は自分を納得させております(涙)。

  • 伊那の大工(管理人) より:

    お元気でしょうか
    青年K君。
    父島救援森林伐採部隊(?)の活動はいかがですか。
    やはり暑いのでしょうね。
    体調管理には十分留意され、あと2週間頑張ってください(家の周りの雑草もだいぶ生い茂ってきましたがまだギリギリセーフです)。

  • それならば
    なんだ、それならばサクシードで良かったんじゃん。
    5人乗りじゃ足りないのかも知れんけど。

    そういえば、駿河小山での待ち合わせの時間に起きるという大遅刻
    をやったのはワタシだったねえ。スマンっ。

    昔は遅刻大王だったのに最近は結構時間を守る小物になってしまった
    とちょっとさびしい気もするよ。

  • 青年K より:

    旅はいいです
    たとえ小さな旅でも普段の生活と異の空間に身を置いてそこから色々と感じ取ることができる時間を持つことはいいことですね。自分もまたふらっと旅をしたいと思います。現在も半分旅に来ているようなものですが。本州の台風心配です。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

小旅行 大工を生業として25年。趣味の長距離走、渓流魚との戯れなど日々の思いを綴ってみます。

Copyright©建築工房 富澤,2012 All Rights Reserved.