長丁場

  

建て方開始から1ヶ月。

耐力壁、外廻りのサッシの2/3程が入り、ようやく家らしくなってきました。

これから外壁、床、内壁と造作作業は本格化し、週末、一週間分の造作材を伊那で加工し、週明け流山に持ってくる、そんな日常が始まります。

毎週に亘る、伊那~流山の往復もしんどくなってきますが、これも自分で選んだ道ですから致し方ありません。

「仕事があるだけ幸せさ」の、常に前向き、楽観主義でいきたいところですが、10年前、同じくこちらで仕事をした頃に比べると、疲労回復に時間がかかるようになっていることは、マラソンの記録が右肩下がりになっている事と同様(?)まぎれもない事実。

とにかく道中、事故だけは起こさぬよう、まだまだ3~4ヶ月は続く長丁場を乗り切りたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 -ブログ, 仕事, 南流山の家

  関連記事

続・格闘中

街中の改装工事中の現場。 ある程度の覚悟はしていましたが、やはり苦戦しています。 …

たまには気分転換

予定していた仕事が少し早く片付いたので今朝は普段の早朝ランを少し延長して近所の権 …

秋は

    街角にはキンモクセイの香り。 空は雲の劇場。 いよい …

あと少し

  昨年の秋口にお話頂いた 伊那市F邸の刻みもいよいよ大詰め。 今週中 …

材料加工の日々

今週も金曜日から帰省し、連日作業場に籠っての材料加工が続いています。 抜けるよう …

とうとう

  昨日の冷たい雨は、山では雪。 季節は着実に進んでいて、同時にそれは「寒くなる …

思うこと

  今回の台風そして立て続けの北海道での地震の被害に遭われた方にあらた …

先が見えてからが長いのです

南流山の家、ようやく先が見えてきました。 昨日の台風に備え、足場のネットも取り外 …

民家改修

現在、高遠町旧三義村の旧い民家の水周り改修工事に入っています。 元の建物はいつ頃 …

30年来の付き合い

  大工を始めた当初、友人より譲ってもらった追入鑿との付き合いも、はや …

PAGE TOP