材料加工の日々

  

今週も金曜日から帰省し、連日作業場に籠っての材料加工が続いています。

抜けるような青空の誘惑に打ち勝つのは至難の業ですが、これが仕上がらぬことには現場に戻ることができません。

こう書くとワーカホリックに陥ってしまっているかのようですが、一日の中でこうして撮影やジョギングに割く時間をつくり出してやれば、ストレスもさほど溜まらないということがわかってきました。

自分を開放してやる時間を、日単位ではなくもっとコマギレに考えるという発想の転換です。

 

時間だけは誰にも与えられたまったく平等なもの。

それをどう活かすかはひとそれぞれ。

現在52歳歳の私は、寿命に近づいた分、若い頃に比べれば、その価値は確実に高まっているはず。

それをいかに大切につかっていけるか、最後まで試行錯誤は続いていくのでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 -ブログ, 仕事, 南流山の家

  関連記事

現場にて

  ここのところ毎日立ち寄ってくれる、よちよち歩きの赤ちゃん(11ヶ月!)とお母 …

謹賀新年

      ようやく今年の年賀状ができあがりました …

まずは命を

  いつかはやってくるであろう大地震にそなえ、行政なども補助金を出し耐 …

年末は・・・セルフビルドのお手伝い

  今年の年末はセルフビルドで家を建てている伊那市新山在住のSさん建前 …

秋は

    街角にはキンモクセイの香り。 空は雲の劇場。 いよい …

格闘

昭和の建物との格闘が始まりました。今回は木造2階建ての1階部分のみの改修になりま …

最後の仕上げ

4月に建方をした現場。 最後の仕上げの、造り付けカウンターなどの造作を残すのみと …

明日から始動

  明日からの現場始動にそなえて今晩は毎年恒例の道具の手入れ。 けっし …

西箕輪高原マラソン

今年で第30回になる地元で開催されているマラソン大会。 走り始めた頃からの参加に …

再会

この冬に竣工した伊那市F邸。 こちらのFさんに引き合わせてくれたのが、その土地の …

PAGE TOP