建築工房 富澤

ブログ

ボウズでしたが・・・

  カテゴリー:日記  タグ:


日中の暑さに、今日は一日仕事をするぞという、固い意志はもろくも崩れ、夕刻には川へ・・・。

なんとか一本ぐらいは上げたいという親父を尻目に、子供達は堰堤の落ち口で水遊び。
渓流も今ぐらいになってくるとだいぶ水温も上がっており、夕方こうして遊んでいても、さほど冷たくはなく、にわか修行僧のようになって、水に打たれておりました。

この暑さが原因か、いやそもそも技術が未熟だからか、当然のことながら、私はボウズ(釣果0匹の意味)。
失意の親父の横で、子供達は満足顔。

夏終盤の夕刻のひと時でした。
                  

これまでのコメント

  • 伊那の大工(管理人) より:

    そうでもないようです
    沢山の魚が回遊している海と違って、渓流では数少ないヤツラとの駆け引きが必要なようです。
    まだまだそこいら辺の修行が足りぬらしく、アベレージは低迷しています。
    その奥深さが魅力でもあるんですけどね。

  • 2馬力の釣師 より:

    Unknown
    昨日は、炎天下にボートを浮かべてきました。こんなに暑いんじゃ魚なんていないよね、と思いきや、爆釣でした。
    しばらく入れ食いを楽しんでいましたが、その後はパタリと釣れなくなりました。
    時会という奴だったのかも知れませんが、魚なんて、そこに居て食い気があれば、腕なんて関係ないように思います。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ボウズでしたが・・・ 大工を生業として25年。趣味の長距離走、渓流魚との戯れなど日々の思いを綴ってみます。

Copyright©建築工房 富澤,2010 All Rights Reserved.