墨付け開始

     2016/09/16

notes28
現場の墨付けが始まりました。

樹木として役目を終えた木に再び命を吹き込む作業。

書いていて自分でも赤面してしまうような表現ですが、何度経験してもこの墨付けは使命感を感じ、緊張する作業です。

世の中のほとんどがプレカット(刻み作業の外注)なってしまっている現在。
コストなどを考えると必然なのかもしれませんが、どうしてもこの大切な工程を人任せにすることはできず、こうしてひとつ一つ材木とにらめっこをしながらの作業が続きます。

それだけ木と向き合う時間は長くなりますので、建前時、あれだけの材木に囲まれてしまっても、その木目や仕口を見ただけで、ほぼ、どこの部材として使われるのか判断できるまでになります。

これが、最終的な仕上がり具合まで影響を及ぼす・・・
そう自分自身に言いきかせ、今日も薄暗い工場での作業が続きます。

けっして自己満足だけには陥らぬようにと肝に銘じながら。
notes29

 -建築について思うことつれづれ

  関連記事

自然素材を相手にするということ

建前も一段落し、板金屋さんが屋根工事中。 ようやく雨漏りの心配もなくなり、一安心 …

煙対策

  我が家の給湯器は薪を燃料とした「ウッドボイラー」。 現場で出る廃材 …

改修工事に学ぶ

「どうも床がフワフワする」という相談を受け、先日来、浴室の改修工事に入っています …

新建材の行く末

築50年を超える住宅の営繕に入っています。 これくらいの住宅ですと、新築当時その …

設計士さんと仕事をするということ

今まで携わってきた新築現場の約2/3は自分以外の方の設計された建物でした。 当然 …

高気密をあなどると・・・

先日お引渡した現場。 実は当初のプランにはなかった薪ストーブが途中から設計変更で …

思うこと

  今回の台風そして立て続けの北海道での地震の被害に遭われた方にあらた …

丸太仕事

木というのは、すべて素直にまっすぐ育っていてくれる訳ではなく、その立地条件によっ …

どちらがわかりずらい?

  先日の新聞記事。 確かに学校では習わぬ「尺」単位。 ですが多くの人 …

独りよがりではいけない

今、手掛けている工事は近所に住む一人暮らしのおばあちゃんの家の手直し(ムラの中に …

PAGE TOP