墨付け開始

     2016/09/16

notes28
現場の墨付けが始まりました。

樹木として役目を終えた木に再び命を吹き込む作業。

書いていて自分でも赤面してしまうような表現ですが、何度経験してもこの墨付けは使命感を感じ、緊張する作業です。

世の中のほとんどがプレカット(刻み作業の外注)なってしまっている現在。
コストなどを考えると必然なのかもしれませんが、どうしてもこの大切な工程を人任せにすることはできず、こうしてひとつ一つ材木とにらめっこをしながらの作業が続きます。

それだけ木と向き合う時間は長くなりますので、建前時、あれだけの材木に囲まれてしまっても、その木目や仕口を見ただけで、ほぼ、どこの部材として使われるのか判断できるまでになります。

これが、最終的な仕上がり具合まで影響を及ぼす・・・
そう自分自身に言いきかせ、今日も薄暗い工場での作業が続きます。

けっして自己満足だけには陥らぬようにと肝に銘じながら。
notes29

 -建築について思うことつれづれ

  関連記事

住んで暮らしてはじめてわかること

初めて暮らす住宅の冬ですが、やはり良い事ばかりではありません。 今までの、外気と …

企業の姿勢

ほぼ毎日、走りのお伴に愛用してきた心拍計測機能のついた時計が動かなくなりました。 …

数値をとるか感覚をとるか

ここのところの寒波はこの冬一番の冷え込みをもたらしているようです。 我が家の外の …

丸太は自由だ

墨付けも佳境に入り、先日より丸太梁の墨に取り掛かりました。 この丸太梁。 何が面 …

結い

友人の大工の建前の応援に、一週間ほど安曇野市豊科まで通っていました。 連日の猛暑 …

丸太仕事

木というのは、すべて素直にまっすぐ育っていてくれる訳ではなく、その立地条件によっ …

手刻みへのこだわり

現在、木造住宅のその構造部分(柱や梁といった根幹をなす部分)は、コンピュータ制御 …

建材の寿命

浴室改修工事に入っている現場では、土台の交換のため床下にもぐることになりました。 …

素材選択の大切さ

先日来、築50年以上経った住宅の営繕に入っています。 主な作業内容は、シロアリで …

高気密をあなどると・・・

先日お引渡した現場。 実は当初のプランにはなかった薪ストーブが途中から設計変更で …

PAGE TOP