こころ踊らせて

     2017/07/30

土曜深夜(早朝)のSA。

行楽地や故郷に帰省するとおぼしき車が多く停まっています。

深夜だというのに歓声も聞こえ、皆こころウキウキ、テンションも上がっている様子。

普段ならば、えぇ私は仕事ですよとひねてしまうところなのですが、今日の自分にはちょっと余裕があります。

そう、6ヶ月の及んだ千葉の仕事の木工事が終了し、荷物を引き上げ始めたところなのです。

山のように持ち込んだ材料や道具、ざっと見積もって4t車1台分はあり、1.5t車でとなるとまだ3~4往復する必要がありそうです。

各職方さんの工事が終わり、片付け、塗装までとなると約束のお盆までの完成はギリギリになるかもしれません。

だけど今日のところは、皆に合わせてノンビリと休暇をとることにします(明日早朝出発ですが!)。

 

 -ブログ, 仕事, 南流山の家

  関連記事

どちらがわかりずらい?

  先日の新聞記事。 確かに学校では習わぬ「尺」単位。 ですが多くの人 …

西箕輪高原マラソン

今年で第30回になる地元で開催されているマラソン大会。 走り始めた頃からの参加に …

縁の下の力持ち

  今週末(11/4)に伊那市ますみヶ丘にて「森joy」というイベント …

作業場リセット

  今日は雨降り。 予定していた外作業がままならないので、数年に一回やるかやらな …

クロスオーバーイレブン2017夏

  30年余前、一人暮らしの下宿で聴いていた懐かしのラジオ番組がこの夏も復活して …

長丁場

建て方開始から1ヶ月。 耐力壁、外廻りのサッシの2/3程が入り、ようやく家らしく …

この時期は野山の変化が劇的です

現場の方は外部の大工工事がおわり、内部も床の下張りも完了、これからは鴨居敷居、内 …

最後の仕上げ

4月に建方をした現場。 最後の仕上げの、造り付けカウンターなどの造作を残すのみと …

階段刻み

    現場は床を貼り終え内部造作が進んできました。 現在は …

先人よりバトンを引継ぐ

築50年を経た建物ながら、施工した大工さんの丁寧な仕事ぶりが目につきます。 継手 …

PAGE TOP