始動

     2018/03/12

最終的なプランが決まらず、なかなかスタートできなかったリフォーム工事の現場が今週始まりました。

建主さんは家具職人。

できるだけ自分も現場に関わりたい、しかしその時間の確保は難しい。

どこいらに落としどころを見出して進めていくのか、その決定にしばらくの時間が必要でした。

工程をひとつひとつ区切り、確認しながら進めていきましょうと契約書に謳い、ともかくの始動となりました。

思い返せば私も自分の住む家くらい自ら建てたいという思いから大工になったくらいですから、建主さんの気持ちも十分わかります。

ましてや日々、木と向き合いながら仕事をされている方ですからなおさらのことでしょう。

ただ、それぞれの工事に納期があり、間に合わせていかなければならないという現実もあります。

そこの折り合いをどうつけながら、進めていくのか・・・お互いに納得できる策を動きながら探る日々が続きます。

 -ブログ, 仕事, 伊那市 M邸,

  関連記事

この年末に来て・・・

  もうなんともお手上げ状態です。 作業場の屋根が27日の強風で吹き飛んでしまい …

材料加工の日々

今週も金曜日から帰省し、連日作業場に籠っての材料加工が続いています。 抜けるよう …

写真撮影

    今日は完成現場の写真撮影の日。 朝の冷え込みは厳しか …

底は越えたか・・・

2/9我が家の寒暖計で-11.5℃を記録。 どうやらここいらが今季の寒さの底のよ …

泣いても笑ってもあと7日

  長野マラソンが来週に迫ってきました。 この時期にいつも思うことは、 …

現場にて

  ここのところ毎日立ち寄ってくれる、よちよち歩きの赤ちゃん(11ヶ月!)とお母 …

ホッと一息

建前後の作業(屋根まとめ、耐力壁等)も一段落し、次の作業にむけての材料作成のため …

伊那市F邸

カメラマンに撮っていただいた写真ができあがってきました。 外内壁すべて塗り壁はセ …

とうとう

  昨日の冷たい雨は、山では雪。 季節は着実に進んでいて、同時にそれは「寒くなる …

同い年

今度の現場はちょうど私と同い年の昭和39~40年頃築造の街中にある店舗。元々、学 …

PAGE TOP