始動

     2018/03/12

最終的なプランが決まらず、なかなかスタートできなかったリフォーム工事の現場が今週始まりました。

建主さんは家具職人。

できるだけ自分も現場に関わりたい、しかしその時間の確保は難しい。

どこいらに落としどころを見出して進めていくのか、その決定にしばらくの時間が必要でした。

工程をひとつひとつ区切り、確認しながら進めていきましょうと契約書に謳い、ともかくの始動となりました。

思い返せば私も自分の住む家くらい自ら建てたいという思いから大工になったくらいですから、建主さんの気持ちも十分わかります。

ましてや日々、木と向き合いながら仕事をされている方ですからなおさらのことでしょう。

ただ、それぞれの工事に納期があり、間に合わせていかなければならないという現実もあります。

そこの折り合いをどうつけながら、進めていくのか・・・お互いに納得できる策を動きながら探る日々が続きます。

 -ブログ, 仕事, 伊那市 M邸,

  関連記事

クロスオーバーイレブン2017夏

  30年余前、一人暮らしの下宿で聴いていた懐かしのラジオ番組がこの夏も復活して …

もう少しで・・・

  8月に建前をした現場がいよいよ大詰めになってきました。 今回の現場 …

底は越えたか・・・

2/9我が家の寒暖計で-11.5℃を記録。 どうやらここいらが今季の寒さの底のよ …

門出

誠に私ごとながら、昨日、長男夫婦の結婚披露パーティがありました。 高校の同級生同 …

造作追い込み

造作もいよいよ追い込み。 直接目に付き手で触れる箇所の仕上げにかかっています。 …

梅雨の合間の

一日中雨の予報だったにもかかわらず、途中にのぞいた束の間の青空。 蒸し蒸しとした …

タッチ&ゴー

相変わらず週末は帰省しています。 が、やることといえば材料の加工と溜まってしまっ …

夏休みを取り戻しに

この夏は仕事に追われなかなか遊びに行けませんでした。 それでもこれだけは、と、や …

長野マラソン

長野マラソンに出場して来ました。 仕事などの都合でやりくりができず、今年初のレー …

寒くなる前に・・・

  寒くなる前に・・・と頼まれていた、多分今年最後になるであろう現場が始まりまし …

PAGE TOP