始動

     2018/03/12

最終的なプランが決まらず、なかなかスタートできなかったリフォーム工事の現場が今週始まりました。

建主さんは家具職人。

できるだけ自分も現場に関わりたい、しかしその時間の確保は難しい。

どこいらに落としどころを見出して進めていくのか、その決定にしばらくの時間が必要でした。

工程をひとつひとつ区切り、確認しながら進めていきましょうと契約書に謳い、ともかくの始動となりました。

思い返せば私も自分の住む家くらい自ら建てたいという思いから大工になったくらいですから、建主さんの気持ちも十分わかります。

ましてや日々、木と向き合いながら仕事をされている方ですからなおさらのことでしょう。

ただ、それぞれの工事に納期があり、間に合わせていかなければならないという現実もあります。

そこの折り合いをどうつけながら、進めていくのか・・・お互いに納得できる策を動きながら探る日々が続きます。

 -ブログ, 仕事, 伊那市 M邸,

  関連記事

タッチ&ゴー

相変わらず週末は帰省しています。 が、やることといえば材料の加工と溜まってしまっ …

南信州ロードレース

飯田市で開催された「南信州ロードレース」に出場してきました。 朝の冷え込みはあっ …

年末はこんなことを・・・

  作業場の屋根が吹き飛ばされた頃、近所の観光施設でこんなことをしていました。 …

ふくいくたる香りに包まれて

街中がキンモクセイの香りに包まれる季節になりました。 暑かった夏が過ぎ、これから …

まな板の上のコイ

  伊那市F様邸。 明日から始まる建て方に備え、準備は整いました。 もう何があっ …

木に刻まれた歴史

木を製材して削ってみると丸太の状態ではわからなかった様々なものが出てくることがあ …

造作追い込み

造作もいよいよ追い込み。 直接目に付き手で触れる箇所の仕上げにかかっています。 …

スマホ熱暴走

    私はスマホとガラケーの2台持ち。 普段スマホはメール …

とうとう

  昨日の冷たい雨は、山では雪。 季節は着実に進んでいて、同時にそれは「寒くなる …

続・寒中仕事

自宅脇の物置の移設作業。 当初は、全体をジャッキアップし、徐々に動かしていくつも …

PAGE TOP