最後の仕上げ

     2016/09/26

sample
4月に建方をした現場。
最後の仕上げの、造り付けカウンターなどの造作を残すのみとなりました。

正直なところ火災で罹災された直後の現場を見せていただいたときには、ここまで復旧できると想像することはできませんでした。

ひとえにお施主さんの、なんとか使用可能な箇所は活かしたいという思いがここまでさせてくれたのでしょう。
その思いの実現に私たちが少しでも力になれたとしたなら、職人として嬉しいかぎりです。

あと少し。
気を緩めずに今日も働きます。

 -仕事, 伊那市 I 邸,

  関連記事

丸太梁墨付け

  丸太梁の墨付けが始まりました。 太鼓に落とした梁ですので、横面に墨を打ってや …

作業場リセット

  今日は雨降り。 予定していた外作業がままならないので、数年に一回やるかやらな …

墨つけ開始

  次の現場が動きだしました。 今回も築50年を超える住宅で、もし全面的な耐震改 …

木に刻まれた歴史

木を製材して削ってみると丸太の状態ではわからなかった様々なものが出てくることがあ …

壁塗りはセルフで

      大工工事がひとまず終わった伊那市M邸。 旦那さんは家具職人で木の扱い …

困ったことに・・・

          &nbsp …

年をまたいでしまいましたが・・・

  寒くなる前に・・・がお約束だった現場。 室内は年内に、外部のデッキは先日出来 …

こころ踊らせて

土曜深夜(早朝)のSA。 行楽地や故郷に帰省するとおぼしき車が多く停まっています …

30年来の付き合い

  大工を始めた当初、友人より譲ってもらった追入鑿との付き合いも、はや …

写真撮影

    今日は完成現場の写真撮影の日。 朝の冷え込みは厳しか …

PAGE TOP