最後の仕上げ

     2016/09/26

sample
4月に建方をした現場。
最後の仕上げの、造り付けカウンターなどの造作を残すのみとなりました。

正直なところ火災で罹災された直後の現場を見せていただいたときには、ここまで復旧できると想像することはできませんでした。

ひとえにお施主さんの、なんとか使用可能な箇所は活かしたいという思いがここまでさせてくれたのでしょう。
その思いの実現に私たちが少しでも力になれたとしたなら、職人として嬉しいかぎりです。

あと少し。
気を緩めずに今日も働きます。

 -仕事, 伊那市 I 邸,

  関連記事

墨つけ開始

  次の現場が動きだしました。 今回も築50年を超える住宅で、もし全面的な耐震改 …

明日から始動

  明日からの現場始動にそなえて今晩は毎年恒例の道具の手入れ。 けっし …

寒くなる前に・・・

  寒くなる前に・・・と頼まれていた、多分今年最後になるであろう現場が始まりまし …

続・格闘中

街中の改装工事中の現場。 ある程度の覚悟はしていましたが、やはり苦戦しています。 …

同い年

今度の現場はちょうど私と同い年の昭和39~40年頃築造の街中にある店舗。元々、学 …

ジッと我慢

久し振りの晴天だというのに、事務所に籠ってプランニング作業の一日。 ようやく大凡 …

もう少し

  プランニング、打ち合わせ、見積、再度設計変更、打ち合わせ、再見積・・・。 ひ …

造作追い込み

造作もいよいよ追い込み。 直接目に付き手で触れる箇所の仕上げにかかっています。 …

なかなか程々にとはいかないもので・・・

ここのところ、現場、プランニング、見積と仕事が重なってしまい、一日をいくつにも区 …

年をまたいでしまいましたが・・・

  寒くなる前に・・・がお約束だった現場。 室内は年内に、外部のデッキは先日出来 …

PAGE TOP